オリジナルのエコバッグを作成する方法とは

たたんで持ち運びができ、そのまま買い物袋として使用できるエコバッグは買い物以外にも使えるなど一つあると便利ですよね。このように日常的に使えるものをオリジナルデザインで自分好みのものに作り上げられたら気分が上がりそうです。

しかし、作るにしてもやり方が分からないとどうしようもありません。そのような悩みに応えるために、オリジナルエコバッグの作成までを紹介していきます。

→ポリ袋でオリジナルエコバッグを作ることができる?

生地に使用する素材選び

布にはコットンやポリエステル、不織布など多種多様な素材が揃っています。エコバッグの生地も例外ではありません。オリジナルのエコバッグを作成する場合、実際に作業に取り掛かるよりも前に使用する生地素材を決めておくと、素材に対応している業者を探したり、手作りする際に必要な生地に見当をつけやすくなります。

しかし、そうは言っても布地の種類は多くて迷ってしまうものです。そのようなときは自分が希望するエコバッグの使い方について考えてみましょう。コットンは柔らかな生地でありながら耐久性に優れている素材です。また、通気性が良く静電気の発生も抑えられるため、通年を通して使いやすいタイプと言えます。

シルク印刷がしやすいというデザイン面での特徴も持っています。一方、ポリエステルは水濡れに強く、型崩れしにくい特徴があります。折りたたみもしやすいため、コンパクトな形状にして持ち運びしやすい素材です。不織布の場合は、その名の通り織らない布であるため、生地がほつれにくいです。

また、低コストで生産できるため大量作成したい場合にも向いています。このように素材によって得手不得手が異なるため、どのような状況で使うエコバッグなのかを考えることは生地素材決定へと繋がるでしょう。

エコバッグの形状選び

エコバッグと一口に言ってもその形状は、レジ袋やトートバッグなど様々なものがあります。作成を依頼する場合は業者によって対応している形状に差があります。自分で作る場合は、バッグの形が決まっていないと型紙を作ることができません。

下手をすると使いにくいエコバッグができてしまう可能性があります。それを防ぐためにも作成作業の前にある程度、エコバッグの形状の目安はつけておきましょう。好みの形を選ぶのも良いですが、どのようなシーンでよく使用するものなのかを考えて形状を決めると便利なエコバッグに仕上げられます。

持ち運びのしやすさや突然の買い物にも対応できる、場所を取らないものが良い場合はレジ袋タイプがおすすめです。このタイプは折りたたみしやすいものが多く、普段からカバンなどに入れて持ち歩くことができます。エコバッグとして使用するだけではなく、普段使いもできるバッグが欲しい場合は、トートバッグがおすすめです。

肩掛けや手持ちといった自分の持ちやすいように持つことが可能な点も魅力です。リュックタイプの場合は、背負えるため両手がふさがってしまうときにあると便利でしょう。袋詰め自体を省略したいという人には、カゴごとすっぽり収められるレジカゴバッグが良いでしょう。

大容量タイプが多いため大量のものを購入する際に便利です。しかし、大量に物を入れられる分、コンパクトにたたむことが難しいため、買い物専用として使うと良いでしょう。エコバッグの形状によって適切な使い方があるため、利用シーンに合う型のものを作りましょう。

業者に依頼してエコバックを作成

自分だけのオリジナルエコバックを作成するにしても、自分で縫うことが苦手だったり、手作りするのは難しいデザインだったりすることもあるでしょう。そのようなときは業者に依頼して作成するという方法がおすすめです。

プロの手で作られるため、裁縫が苦手でも複雑なデザインでも綺麗に仕上げてくれます。また、大量発注したい場合や速めの完成を希望する場合にも自分で行うより業者に頼むほうが楽に作成できます。しかし、業者の数は多く、どこに頼めば良いのか分からないという事態に陥るかもしれません。

そのときは、業者によっては扱っている生地の素材やバッグの型が違うことに着目し、事前にエコバッグの希望図を描いておきましょう。そうすることで、自分のデザインを製造してくれるぴったりな業者を絞り込めます。デザインが決定していれば、依頼先もこちらの意図を組みやすいため双方スムーズなやり取りができるでしょう。

写真をエコバッグにプリントするときは

エコバッグに写真を取り入れたデザインのものを考えている人がいるかもしれません。そのような場合は、プリンターに対応している専用のアイロンプリントシールに写真を印刷して、自分で貼り付けるという方法を取りましょう。

しかし、不器用であったり、自分で写真をプリントすることが難しいデザインであったりと自作が困難な場合もあるかもしれません。そのときは、写真プリントに対応または、特化している業者に依頼することがおすすめです。

そうすることで、好きな写真がデザインされている自分だけのエコバッグを簡単に作ることができます。また、大量生産も一つ一つ手作りで行うよりは、プロに頼むほうが楽にできます。卒業式などの記念品用に思い出の写真を配置したエコバッグを用意することにもぴったりの方法ですね。

写真プリントの他にも名入れなど何かのデザインに対応や特化している様々な業者があるため探してみましょう。そうすることで、自分の理想とするオリジナルエコバッグが実現可能になります。

手作りのエコバッグを作成

エコバッグを作る際にバッグにしたいデザインの生地があったり、形状など細かなところまでオリジナルにしたいという希望があったりする場合は手作りがおすすめです。手作りだと使用する生地や作成物の形状などに融通が利きます。

使用する素材やどのような型に仕上げていくのかというようなデザイン面を最初に決めてしまえばあとは、型紙を作ったり布地を縫ったりと自分のペースで進めていけばエコバッグが完成します。しかし、作り方が分からなくては作業に取り掛かりようがありません。

その場合は、本やネット上のサイトなどに作成手順が掲載されているため活用しましょう。生地素材の扱い方や形状ごとの作り方などデザインによって違う作成方法が載っているため、自分の作りたいエコバッグにマッチするものを見つけましょう。

また、どのようなデザインのものを作ろうか悩んだ際、参考にすることにも役立てられます。

オリジナルエコバッグを作成することは難しくない

業者に依頼するか、自分で作るか、オリジナルデザインのエコバッグを完成させるために大切なことは自分に合う方法選びです。どのような作成手順を踏むにしても、自分好みのものを作ることは不可能ではありません。

使用用途やデザイン、生産数などある程度、計画を立ててから作業にあたることで、自分にぴったりな過程を辿ってエコバッグを仕上げられるでしょう。

関連サイト...BAG-FACTORY.onlinehttps://bag-factory.online/